逆流性食道炎と咳

逆流性食道炎と咳

「逆流性食道炎」という言葉を聞いたことはありませんか?
あまりなじみのある病気ではありませんが、実際にテレビなどのメディアでも聞いたことのある名前の病気だと思います。
この「逆流性食道炎」という病気を簡単に説明すると、胃散が食道に逆流し、粘膜を刺激して炎症を起こすというものです。
飲み過ぎや食あたりなどで、あまり胃の中に食べ物がない状態で嘔吐した時に「黄色」の液体の様な物を見たことはありませんか?
それは胃液で、食べ物を溶かす位ですからとても強い酸で出来ています。
その胃液によって食道が傷つけられ、ただれてしまうのです。

 

「逆流性食道炎」の主な原因としては、ストレスや過飲過食、飲酒、食道裂孔ヘルニア、妊娠、肥満、加齢による機能低下などが上げられます。
飲酒や過飲過食などの原因がはっきりしたもの意外は、ストレスが原因で発祥することが大変多いそうです。

 

逆流性食道炎症状としては胸焼け、食後の吐き気、げっぷがよく出る、咳などといったものです。
中でも「咳」の症状にかんしては、夜間激しい咳の為に眠れない、1ヶ月程咳が止まらない、喘息の様な咳が出るといった、違う病気と勘違いしてしまうような症状もあります。
しかし「逆流性食道炎」では、胃散で傷つけられた食道が引き起こし、慢性的な咳の症状になることがよくあるそうです。
最初は喉風邪を引いてしまったと思うかも知れませんが、慢性的に1ヶ月も続く様でしたら病院で診察を受けてみてください。

 

現在、「逆流性食道炎」の検査方法としては「内視鏡検査」と「食道内pHモニタリング」の2つの検査があります。
まず「食道内pHモニタリング」で24時間検査し、確定診断後に重症度分類をするために「内視鏡検査」を行うそうです。

 

治療法としては「プロトンポンプ阻害薬」、「H2ブロッカー」などの薬を服用し、過食を避ける、食後に横になるなどの私生活の中での治療がなされます。
ですがあまりにも病状が重い場合は手術も行われますし、またストレスが原因で「逆流性食道炎」を発病した人には精神的治療なども平行して行われるために、治療の長期化を余儀なくされます。

 

しかし「逆流性食道炎」の保険適用期間は8週間までと定められているため、ストレスによる発症の患者さんにとっては厳しい現実かも知れません。
この病気は自分でも避けることができる確率の高い病気です。
ですから過度な飲酒や暴飲暴食はさけることを、日常的に心に留めておきましょう。

 

逆流性食道炎 薬

逆流性食道炎という病気があります。逆流性食道炎は胃酸や十二指腸液が食堂に逆流することで食道の粘膜を刺激し粘膜に炎症などをおこす病気です。
逆流性食道炎は以下のような症状があります。
胸やけ、みぞおちや上胸などに痛みがあります。

 

食事中や横になったときにのどや口に胃酸が逆流したり胸に違和感を感じたり、喉がかすれたり嘔吐や異常ならくらいのゲップはあります。
逆流性食道炎には次のようなことが原因だと考えられます。

 

ストレス、過飲過食、飲酒、喫煙、加齢、食道裂孔ヘルニア、また妊娠や肥満、便秘、激しい運動をしたときに起こる場合があります。
重症度のランクもあります。少しでもきになったことがある方は医師に相談してください。

 

なにごとも早期発見が大事です。
検査では食道上皮に発赤やびらんなどがないか検査します。
食堂内のphモニタリングで検査する豊富もあります。
逆流性食道炎に万が一なってしまった場合は日常生活において消化のいいものを食べるなど食事制限がでてきます。
そうならないように逆流性食道炎を早くみつけ治療し普通の生活が続けれるようにしましょう。

 

個人差はもちろんありますが長期治療で直されている方もいます。
市販でも購入できる薬でオススメなのがキャベジンコーワsはオススメです。

逆流性食道炎と咳関連エントリー

不整脈 原因
不整脈の原因は多岐にわたり特定するのは難しいのです不整脈の原因と治療、予防法を載せています
動悸の原因
動悸の原因を気にかかる方もいるとは思いますが動機は心臓の病気とは関係ありませんのでその点は安心して下さい。
咳喘息の症状と治療
咳喘息の5割の方はアレルギー性鼻炎を合併していると言います、咳喘息の症状の治療法としてはアレルギー鼻炎も一緒に直していきましょう。
息切れの原因
息切れの原因とは何でしょうか?階段を登っただけで動機がしたりするのは息切れの原因は心臓や肺が原因の場合もありますがその他の場合もあります単に年齢のせいでしょうか?。
貧血 鉄分の多い食品
貧血気味の方は鉄分の多い食品を心がけましょう。毎日すこし意識するだけでずいぶん貧血は解決されますよ。
大人の喘息病状
喘息というと子供の病気を連想しがちですが喘息患者の約半分が大人の喘息患者なのです。大人の喘息の症状をみていきましょう。