貧血 鉄分の多い食品

貧血 鉄分の多い食品

あなたは貧血というと、
小学校の時の朝の朝礼で、校長先生の長い挨拶の時に起こるようなものだけだと思っていませんか?
これは一般的には脳貧血といいまして、一応それも貧血なのですが、
本当の意味での貧血ではありません。

 

本当の意味での貧血というのは、
血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が薄くなることが起きます。
一方、先ほど書きました脳貧血というのは、
脳に血液がいかなくなり、一時的に酸欠状態になることで起きます。
つまり、脳貧血の場合は、血液中には特に問題がありません。

 

今回の記事の中で、私は貧血という言葉をたくさん使うと思いますが、
その場合に意味している貧血は、
血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が薄くなることで起きるほうの貧血を指しています。
そこだけどうかご理解ください。

 

さて、貧血は血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が薄くなることで起きる、と書きましたが、
なぜそのようなことが起きるのでしょうか。
それは、鉄分が不足していることが主な原因として挙げられます。
なので、貧血を治したいのであれば簡単です。

 

鉄分の多い食品をたくさんとればいいのです。
鉄分の多い食品をとれば、血液中の赤血球数、ヘモグロビン濃度は増えます。
そうすれば、当然貧血は治るのです。

 

どれだけの鉄分を一日でとればいいのでしょうか。

 

一般的に言われているのは
成人男性は7.5ミリグラム
成人女性は10.5ミリグラム
妊婦の方は19.5ミリグラ
です。

 

そこまで多くはないですよね?
意識して鉄分の多い食品をとれば、すぐにこのぐらいはいきますよ。
それでは、鉄分の多い食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

お肉でいえば、レバーですね。
これは結構有名なのであなたも知っているかもしれません。
鶏や牛よりも、豚のレバーのほうが鉄分は多く含まれているそうです。

 

魚ですと、煮干しはかなり多く鉄分が含まれています。
鉄分だけでいえば、豚のレバーよりも多いです。

 

また、海藻類は比較的多く鉄分を含んでいて、
中でも、乾燥青のりはズバ抜けています。
あらゆる食品の中でも、一番鉄分の多い食品です。

 

いくつか鉄分の多い食品を挙げましたが、いかがでしたでしょう。
これらのうち、一日にどれか一つでもとれば、一日の理想的な鉄分は取れます。
たったそれだけで貧血とオサラバできるのですから、食べない手はないですよね。

 

他にもいろいろと鉄分の多い食品はありますので、
ちょっとでも気になったのでしたら調べてみてください。
「えっ、こんなのが鉄分多く含んでるの!?」
と驚くかもしれませんよ。

貧血 鉄分の多い食品関連エントリー

不整脈 原因
不整脈の原因は多岐にわたり特定するのは難しいのです不整脈の原因と治療、予防法を載せています
動悸の原因
動悸の原因を気にかかる方もいるとは思いますが動機は心臓の病気とは関係ありませんのでその点は安心して下さい。
咳喘息の症状と治療
咳喘息の5割の方はアレルギー性鼻炎を合併していると言います、咳喘息の症状の治療法としてはアレルギー鼻炎も一緒に直していきましょう。
逆流性食道炎と咳
逆流性食道炎と咳の関係性についてですが逆流性食道炎はストレスが原因だということが多いそうです。
息切れの原因
息切れの原因とは何でしょうか?階段を登っただけで動機がしたりするのは息切れの原因は心臓や肺が原因の場合もありますがその他の場合もあります単に年齢のせいでしょうか?。
大人の喘息病状
喘息というと子供の病気を連想しがちですが喘息患者の約半分が大人の喘息患者なのです。大人の喘息の症状をみていきましょう。