脳梗塞の原因対策

脳梗塞の原因対策

厚生労働省の調べによると、平成21年では脳梗塞死亡者は年間7万2,238人にもなったそうです。
計算上は、一日に約200人ほどが脳梗塞亡くなっているということです。

 

そんな恐ろしい脳梗塞なのですが、脳梗塞の原因はなんなのかあなたは知っていますか?

 

何故なら、あなたが今脳梗塞ではないのであれば、
原因が何なのか分かれば、当然予防もできますよね?

 

脳梗塞はまったく他人ごとではない病気なのです。
まず脳梗塞がどういった病気なのかを少し説明させていただきます。

脳梗塞とは?

脳梗塞は、簡単にいえば、
血栓と呼ばれる血のかたまりが脳の中の血管にできて、それにより血の流れが妨げられてしまい、
脳の神経細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなるために、その脳細胞が壊死してしまい、
手足のしびれや、言語障害など様々な症状を発症する病気です。

脳梗塞の原因

そんな脳梗塞の原因ですが、ほとんどの場合が動脈硬化です。

 

動脈硬化もよく耳にしますよね。

 

動脈硬化についても軽く説明しますと、
動脈硬化とは、動脈の内部の壁ににコレステロールや中性脂肪などがたまって、
弾力性や柔軟性を失ってしまい、血の流れがスムーズではなくなることをいいます。

 

脳梗塞の原因が動脈硬化だということが分かりました。
では、脳梗塞の原因である動脈硬化を予防すれば、脳梗塞を予防できる、ということですよね?
なのでここからは、動脈硬化を予防するにはどうしたらいいか、ということを書いていきます。

脳梗塞を予防する

そこで大事になってくるのは、食事と運動です。
食事は、規則正しく、栄養をバランス良く、です。

 

こう言うと、
「一度きりの人生なんだから、好きなもんを好きなだけ食べさせろ!」
「食事に気を使っても人間この先どうなるか解らないじゃないか!」
とよく言われます。
そうですね。
では、好きなものを好きなだけ食べてて下さい。

 

確かに人間は、食事に気を使っていようがなかろうが、突然の不幸は訪れたりします。
しかし、出来るだけ長生きするために、食事に気をつけることが無駄なことだとは私は思いません。
少しでも長生きする可能性が増えるかもしれないのですから、
普通に考えればやらない手はないじゃないですか。

 

運動だってそうですよ。
「運動なんてやらなくても生きていける!」
そう思うならしなくてもいいのではないでしょうか。

 

しかし多くの研究データが、
運動している人のほうが長生きする確立が高いことを示しています。
それだったら運動した方がいいじゃないですか。

 

自分の好きなように生きて早死にするリスクを背負うか、
ちょっと食事と運動を気にして長生きする可能性を高めるか、です。

脳梗塞の原因対策関連エントリー

クモ膜下出血 症状
クモ膜下出血の前兆と言うかクモ膜下出血症状としては突然の激しい頭痛はよく知られていますが頭痛が何日も続くようなら疑いがありますので即病院に行きましょう。
偏頭痛のツボと漢方
偏頭痛持ちの方は頭痛薬を良く服用していると思いますが偏頭痛には漢方やツボの力を借りるのも薬に頼るより健康によいかも知れませんね。
アルツハイマー型認知症の症状
アルツハイマー型認知症は若年性もあり非常に治すのが困難だと言われていますが反面早期発見がなにより大事だとも言われています。
脳梗塞の前兆 頭痛
脳梗塞の前兆に頭痛を感じる場合があります、他に脳梗塞の前兆としては箸を落としたりふらつきを感じたりします。
脳動脈瘤 症状
脳動脈瘤の症状としては激しい頭痛が挙げられますが脳動脈瘤の症状の前兆の症状もありますので、当てはまる場合は早期に病院に行って検診してもらうことです。