脳動脈瘤 症状

脳動脈瘤 症状

脳動脈瘤とはのうどうみゃくりゅうと呼ばれ動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤状に変化したものだといわれています。
脳動脈瘤の大きさは1〜2MMのものから30MMを超す程の大きさのものがあります。

 

大きさは人によって様々です。脳動脈瘤はくも膜下出血の最大の原因になるともいわれています。
くも膜下出血になった人の約20%の人が脳動脈瘤だといわれています。

 

脳動脈瘤の症状

脳動脈瘤は典型的な症状として今までに経験したことのないような激しい頭の痛み、頭痛となった人は言うそうです。
そのほかの症状として吐き気と嘔吐、頭部のこわばりや痛み、目のかすみや複視、眼の上や目の奥の痛み、鼻孔の散大、光に対して過敏になる、感覚の消失、意識の消失といった症状があります。

 

こういった症状が少しでも思いあたる人は医師に相談をすることをおすすめします。

 

早期発見がかなり重要になってきます。
脳動脈瘤が破裂するまで患者さんの多くは全く症状に気づきません。

未破裂脳動脈瘤の症状

未破裂脳動脈瘤を持っているおよそ40%の人は次のような症状を経験しています。
視野の辺視が見えにくい、物事を考えることに困難を感じる、言葉はしゃべりにくい、近くの異常、突然の行動変化、平衡感覚や協調運動の不調、手足を上下に動かす運動が困難になることをいいます。

 

また集中力が減少する、最近の事を記憶することが難しくなる、疲労や倦怠感が強くなるといった症状を経験していますが、もちろんこういった症状があるからといって脳動脈瘤が確定したとはいえません。
ですがそういった症状がある方は医師にまずは相談することをここでもおすすめいたします。

 

脳動脈瘤の診断

CTによる検査でくも膜下出血の兆候をみつけることによって診断されます。
脳動脈瘤が疑われた場合は頭部を穿刺し脳と脊髄の周囲にある脳脊髄液に血液が混ざっていないかを調べ診断します。

 

脳動脈瘤の正確な位置・大きさ・形状を知るために脳血管造影まやはCT血管撮影のいずれかを実施します。
そういったいろいろな検査をし脳動脈瘤を診断します。

 

脳動脈瘤にならないよう定期健診を実施し早期発見になるように心がけましょう。
脳ドックなどの検査で偶然みつかった脳動脈瘤では最大経が5MM以上の場合年間破裂率は1%、それ以下のものの年間破裂率は0.2%以下といわれています。

脳動脈瘤 症状関連エントリー

クモ膜下出血 症状
クモ膜下出血の前兆と言うかクモ膜下出血症状としては突然の激しい頭痛はよく知られていますが頭痛が何日も続くようなら疑いがありますので即病院に行きましょう。
偏頭痛のツボと漢方
偏頭痛持ちの方は頭痛薬を良く服用していると思いますが偏頭痛には漢方やツボの力を借りるのも薬に頼るより健康によいかも知れませんね。
脳梗塞の原因対策
脳梗塞はやはり怖い病気の筆頭格です。脳梗塞の原因は高コレステロールだと言われています対策としては規則だたしい運動と食事ですがなかなか、うまくは行かないのが人間です。
アルツハイマー型認知症の症状
アルツハイマー型認知症は若年性もあり非常に治すのが困難だと言われていますが反面早期発見がなにより大事だとも言われています。
脳梗塞の前兆 頭痛
脳梗塞の前兆に頭痛を感じる場合があります、他に脳梗塞の前兆としては箸を落としたりふらつきを感じたりします。