アルツハイマー型認知症の症状

アルツハイマー型認知症の症状

アルツハイマーを題材とした映画は沢山あり感動しますよね。アルツハイマーは認知症とはまた違います。
若い人でもなります。
アルツハイマーは正式名はアルツハイマー型認知症といわれています。
アルツハイマーはかかると治すのが大変難しい病気です。
早期発見し、適切な治療を受けることで症状を改善させたり、進行を遅らせたりすることが治療になります。
アルツハイマーはいかに早期発見できるかが重要です。

 

アルツハイマーの名前の由来ですが1907年にドイツのアルツハイマー博士によって報告されたためアルツハイマー認知症という名前になりました。

 

脳の神経細胞は誰でも加齢とともに減っていくといわれています。
ですがアルツハイマー型認知症は脳では早期になおかつ急激に失われていくのです。
仮説ですがアルツハイマーの原因には数多くの仮説があります。
ですが未だに明確にはなっていそうです。

 

早く原因を見つけて治療などに発展があることを願っています。
また不思議なことにアルツハイマーをかかった人の脳には茶色のシミのようなものが多く確認されているそうです。
その茶色のシミというものはBアミロイドというもので異常なタンパク質が沈着したものだといわれています。
そのほかにも原因として単なる脳が老化したともいわれています。
ですが先ほども述べたようになぜ急に脳がそういった現象になるかわなぞのままです。

 

アルツハイマーの症状を紹介します。

症状は中核症状、周辺症状と種類にわかれます。

中核症状は代表的な症状で記憶障害がでてきます。

記憶障害はつい最近の出来事を物忘れするといったことで古い記憶は残っていますが間近の記憶が失われていきます。
ですが病気が進むにすれて古い記憶が失われていきます。
他にも場所や日時が分からなくなる症状や判断力が低下したり遂行機能障害が現れてきます。

また周辺症状ですが周辺症状は中途症状がもとになってでてくる症状だといわれています。

 

周辺症状になると精神的な症状がでてきます。
妄想、徘徊、感覚障害としてうつ病という症状がでてきます。
これらの症状の進行はゆっくりと進行してきます。

 

また日時や接する人によって症状は大きく変化することも周辺症状の特徴です。
アルツハイマーにいえることは早期発見がなによりも大切ということ、そしてはっきりとした原因がないということ大変難しい病気です。
ですがあきらめず治療をすれば大丈夫です。医師と相談してしっかりアルツハイマーと自分を向き合ってください。

アルツハイマー型認知症の症状関連エントリー

クモ膜下出血 症状
クモ膜下出血の前兆と言うかクモ膜下出血症状としては突然の激しい頭痛はよく知られていますが頭痛が何日も続くようなら疑いがありますので即病院に行きましょう。
偏頭痛のツボと漢方
偏頭痛持ちの方は頭痛薬を良く服用していると思いますが偏頭痛には漢方やツボの力を借りるのも薬に頼るより健康によいかも知れませんね。
脳梗塞の原因対策
脳梗塞はやはり怖い病気の筆頭格です。脳梗塞の原因は高コレステロールだと言われています対策としては規則だたしい運動と食事ですがなかなか、うまくは行かないのが人間です。
脳梗塞の前兆 頭痛
脳梗塞の前兆に頭痛を感じる場合があります、他に脳梗塞の前兆としては箸を落としたりふらつきを感じたりします。
脳動脈瘤 症状
脳動脈瘤の症状としては激しい頭痛が挙げられますが脳動脈瘤の症状の前兆の症状もありますので、当てはまる場合は早期に病院に行って検診してもらうことです。