非常に怖い頭の病状

非常に怖い頭の病状

非常に怖い頭の病状

非常に怖い頭の病状個別ページ一覧

クモ膜下出血 症状
「クモ膜下出血」という病名は皆さんご存知のことと思います。突然倒れてしまい、命を落としかねない「脳梗塞」と同様に、「クモ膜下出血」も大変怖い脳の病気です。「クモ膜下出血」とはクモ膜と軟膜の間にある「クモ膜下腔」という空間に出血が生じ、脳脊髄液の中に血液が混じってしまった状態をいいます。発症するのは高齢者よりも壮年期の人が多いとされ、脳卒中の8%を占め、その中でも突然死の率が約7%程度であるという恐ろしい病気なのです。クモ膜下出血原因と傾向原因の多くは「脳動脈瘤の破裂」が80%を占め、その他には「...
偏頭痛のツボと漢方
現在「片頭痛」で悩んでいる患者数は増加の一途を辿っています。「片頭痛」は頭痛の一種で、「偏頭痛」と表記される場合もあります。「片頭痛」は知覚の変化や激しい頭痛、吐き気などといった症状がみられる神経学的症候群といわれており、頭の片側だけに脈を打つような痛みを発症することが特徴とされています。また、「片頭痛」を発症するのは男性よりも女性のケースが多く、痛みを発症してから4〜72時間もの間痛みが継続します。中には嘔吐の症状だけではなく、光に過敏になったり、音に過敏になったりする場合もあり、発症する患者...
脳梗塞の原因対策
厚生労働省の調べによると、平成21年では脳梗塞死亡者は年間7万2,238人にもなったそうです。計算上は、一日に約200人ほどが脳梗塞亡くなっているということです。そんな恐ろしい脳梗塞なのですが、脳梗塞の原因はなんなのかあなたは知っていますか?何故なら、あなたが今脳梗塞ではないのであれば、原因が何なのか分かれば、当然予防もできますよね?脳梗塞はまったく他人ごとではない病気なのです。まず脳梗塞がどういった病気なのかを少し説明させていただきます。脳梗塞とは?脳梗塞は、簡単にいえば、血栓と呼ばれる血のか...
アルツハイマー型認知症の症状
アルツハイマーを題材とした映画は沢山あり感動しますよね。アルツハイマーは認知症とはまた違います。若い人でもなります。アルツハイマーは正式名はアルツハイマー型認知症といわれています。アルツハイマーはかかると治すのが大変難しい病気です。早期発見し、適切な治療を受けることで症状を改善させたり、進行を遅らせたりすることが治療になります。アルツハイマーはいかに早期発見できるかが重要です。アルツハイマーの名前の由来ですが1907年にドイツのアルツハイマー博士によって報告されたためアルツハイマー認知症という名...
脳梗塞の前兆 頭痛
脳梗塞という病気はみなさんもよく耳にするかと思います。脳梗塞はなってしまえばいっきに命にかかわるか寝たきりになるか、意識不明という重体になる危険性が非常に高いのです。ですので脳梗塞になる前に脳梗塞を見つけましょう。早期発見がなによりも重要です。脳梗塞の前兆ですが発症のサインがかならずあります。ですがなかなか気づかない人が多いのも脳梗塞です。ですので定期健診はかなり重要で脳梗塞や大きな病気になる手前で発見できるということも少なくありません。半年に一度、せめて1年に1度は定期健診オススメします。また...
脳動脈瘤 症状
脳動脈瘤とはのうどうみゃくりゅうと呼ばれ動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤状に変化したものだといわれています。脳動脈瘤の大きさは1〜2MMのものから30MMを超す程の大きさのものがあります。大きさは人によって様々です。脳動脈瘤はくも膜下出血の最大の原因になるともいわれています。くも膜下出血になった人の約20%の人が脳動脈瘤だといわれています。脳動脈瘤の症状脳動脈瘤は典型的な症状として今までに経験したことのないような激しい頭の痛み、頭痛となった人は言うそうです。そのほかの症状として吐き気...