嚥下障害

嚥下障害 リハビリ

嚥下障害とはあまり耳になじみのない病気ですが嚥下障害の嚥下とは水分や食べ物を口の中に運ぶときに咽頭から食道また胃へと送り込むことをいいます。
こういった食事をする時の手順が上手くいかなくことが嚥下障害といわれているのです。
嚥下障害はお年寄りに多い病気です。
私達は当たり前のように食事をしていますね。
ですが年をとると次第にこういった当たり前のようにしている行動も加齢とともに次第に困難になるそうです。

 

食事ができなくなると低栄養、脱水、肺炎など身体へ悪影響を及ぼします。
怖くて精神的に食べれないと思い食事もとれなくなり最悪の場合は死にも繋がることもあります。
食事がとれないと楽しみが無くなるため生きる気力などがでてきません。
人生から一つ楽しみが減るのです。

嚥下障害の原因は大きく3つのわかれます。

器質的原因と言われ食物の通路の造りに問題があるといいます。
次は機能的原因といわれ食物の通路の動きに問題がある為上手く食事を送り込むことができます。
機能的原因は加齢が最もの原因といわれています。
心理的原因です。
摂食の異常などが原因で嚥下障害を発症している患者のうち検査上明らかな異常が認められないパターンです。

 

嚥下障害は他の病気などが原因で起こる場合もあります。

器質的原因は口内炎、歯槽膿漏、扁桃炎などが原因で発症しています。
また機能的原因は少し大きい病気が原因になってきます。
脳血管障害、脳腫瘍、パーキンソン病などになります。

 

心理的原因は異食症、心気神経腫、ヒステリー、うつ病など精神的なものがやはり原因になるといわれています。
嚥下障害のリハビリには口腔ケア、顔面マッサージ、唇、頬、舌の運動などがあります。
まずは口腔ケアは唾液の中の最近を肺の中に誤って送り込まないようにいつも清潔にします。
うがい、ガーゼ、歯ブラシなどを使って口の中をいつも清潔にします。

 

顔面マッサージはクリームを塗るように顔をマッサージして筋肉を和らげます。
唇、頬、舌の運動は口に空気をため頬をふくらませたり、唇をとがらせたり舌をだしたりして口の中の機能を高めるために鍛えます。
こういったケアを40代、50代などで予防としてすることも大切ですね。
嚥下障害は誰にでもおこりうる病気ですのでしっかりケア、対策、リハビリをしましょう。

嚥下障害関連エントリー

アキレス腱断裂
アキレス腱断裂を防ぐために運動前はしっかりと柔軟体操をしましょう。アキレス腱断裂のリハビリはゆっくりとリハビリをしていきましょう。
パーキンソン病
パーキンソン病は近年良くみみにするようになってきました。パーキンソン病の原因はドーパミンが不足することで発症するようです、パーキンソン病のリハビリは日頃の生活の中で意識して日々過ごすことがリハビリになっています。 -----
変形性膝関節症
変形性膝関節症はリハビリで回復が可能です。 変形性膝関節症の症状は早期治療しリハビリが完治への近道です。