パーキンソン病 リバビリ

パーキンソン病 リハビリ

パーキンソン病は最近耳にすることが多くなってきました。
近年パーキンソン病にかかる人が増えてきています。
人口1000人に約1人といわれています。
主に40歳から50歳以降に発症するといわれています。
パーキンソン病はゆっくりと進行します。
原因がいまだによくわかっていない神経変性疾患といわれています。

 

神経伝達の役割をしているドーパミンが減少することで起こるといわれています。
日本全体では10万人以上の患者さんがいるされています。
10万人は結構な人数になります。
パーキンソン病は70歳以上の方にも発症している人がいます。
また中には年齢が若い方で発病している人もいます。
若いときにかかった人の原因では遺伝子の異常がある方だと研究結果ででています。

 

パーキンソン病の症状は手足の震え、こわばり、動作が緩むが代表的な症状です。
またパーキンソン病は体の片側から始まり徐々に広がるといった特徴があります。
そういった症状の他には立ちくらみや便秘、自律神経症状、睡眠障害、気持ちがふさぎ込むといった症状もあります。
基本的にあるのがじっとしているときに手が震えるなどの症状があります。

 

また歩く際に手を振らないなど一見他の人がみればなにかおかしいな。
と思うような行動をとっています。またひどい場合には身体の痛みも起こることもあります。

 

パーキンソン病の原因としてあげられるのは先ほど紹介しましたドーパミンの不足だといわれていますが中脳の黒質といわれる部分が何らかの原因で細胞の減少が原因だともいわれています。
また遺伝的なものもあります。

 

パーキンソン病のリハビリには運動量法があります。

鏡を見て姿勢を正す。背中を壁につけ立位を保つ、壁に両手をつけ腰をのばるなどになります。

次は歩行障害を直すために歩行時に意識して背筋をのばす、地面に踵から足をつけるようにする、腕を大きく振る、歩行障害は常に意識するように歩きましょう。

 

他には方向転換障害ですが片足ずつ動かし体の向きを変える、転倒しやすい状態の時には用心する、廊下の曲り角、トイレの入り口など向きを変える場所にはつかまりやすい手すりをつけておくといいでしょう。

パーキンソン病には日頃の生活をしっかり意識して生活していくことがしっかりしたリハビリになっています。
生活の中でも工夫してリハビリしていきましょう。

パーキンソン病関連エントリー

アキレス腱断裂
アキレス腱断裂を防ぐために運動前はしっかりと柔軟体操をしましょう。アキレス腱断裂のリハビリはゆっくりとリハビリをしていきましょう。
変形性膝関節症
変形性膝関節症はリハビリで回復が可能です。 変形性膝関節症の症状は早期治療しリハビリが完治への近道です。
嚥下障害
嚥下障害とは食事をする時に食べ物を飲み込む動作が上手くいかなくなることです。