変形性膝関節症 リバビリ

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは膝関節でのクッションの軟骨がすり減ることで起こると言われています。
変形性膝関節症は膝の関節が炎症を起こしたり、関節が変形したりして痛みが生じます。
中高年に多い病気だといわれています。その中でも女性に多くみられます。
変形性膝関節症は痛みを我慢したりしてはいけません。

 

年だからと諦めてもいけません。変形性膝関節症は治療で治ることもあり、痛みを和らげることもできます。
変形性膝関節症は発病初期は痛みがすぐ治まったりし、一時的なものと思いがちですが痛みがでたらすぐに病院へ行き診断してもらってください。
早期に治療をうければ治る可能性も高まります。

 

変形性膝関節症は症状の悪化や進行は個人差がとてもでてきます。
変形性膝関節症の症状を紹介します。
初期症状は朝、起きたときに痛みを感じます。
痛みよりも先にまずは違和感もでてきます。しばらく休むと治ったり痛みがある期間は少ないものです。
中期症状は初期症状をほっとくと症状が悪化してきます。

 

膝が簡単に曲がらなくなってきます。
正座やしがむことができなくなってきてしまいには階段の登り下りが苦しくなってきます。
膝に力をいれるとコリコリ、ガリガリといった軋轢音が出るような感覚を感じるようになります。

 

中期症状よりも進むと末期になります。
この段階に日常生活全ての行動に痛みが走るようになり、生活が困難になってきます。
仕事もできなくなり、買い物に行くなど楽しい遊びにいくということもできなくなってしまい。
家に引きこもりになりますそうなればうつなどの病気を発症してしまうことがあります。
末期になると骨は変形外見的にも骨の変形がわかるようになります。

 

変形性膝関節症は一時性変形性関節症、二次性変形性ひざ関節症の2種類に分けられます。
変形性膝関節症なった場合リハビリで回復が可能です。

 

治療法は保存料法といい、基礎療法、薬物療法、物理療法、装具療法などがありますが他には手術療法もあります。
肥満対策も予防の一つです。変形性膝関節症は誰もがなりうる病気ですのでなる前にしっかり予防をしましょう。
また、なってしまった場合は回復もありますのでしっかりリハビリをしましょう。
少しでも痛みがある場合いは早期発見も重要なカギです。

 

医師へ相談しましょう。

変形性膝関節症関連エントリー

アキレス腱断裂
アキレス腱断裂を防ぐために運動前はしっかりと柔軟体操をしましょう。アキレス腱断裂のリハビリはゆっくりとリハビリをしていきましょう。
パーキンソン病
パーキンソン病は近年良くみみにするようになってきました。パーキンソン病の原因はドーパミンが不足することで発症するようです、パーキンソン病のリハビリは日頃の生活の中で意識して日々過ごすことがリハビリになっています。 -----
嚥下障害
嚥下障害とは食事をする時に食べ物を飲み込む動作が上手くいかなくなることです。