アキレス腱断裂

アキレス腱断裂

アキレスとは足のかかとのすぐ上にある機能で走ったり、飛んだり、生活ではかかせず活躍する部分です。
アキレス健は老後や年をとるときに衰えさせないようにしっかり若いころから、今からでも大丈夫です。
しっかり運動をする習慣をつけましょう。
また急に運動をするときはしっかり柔軟体操をしないとアキレスけん断裂というおそろしいことになりかねません。

  • アキレス健断裂は断裂してしまうとプツンと音が聞こえます。
  • アキレス健がきれるのでとてつもない激しい痛みが音とともにきます。
  • アキレス健が切れたところが歪んでしまい、押すと痛みます。
  • アキレス健がきれてしまうと全く歩けなくなる場合ではないようですが爪先立ちなどができなくなります。
  • アキレス健断裂の治療ですが部分断裂をした場合はギブスで固定するだけで治る場合も少なくはありませんがアキレス健断裂した場合は手術で縫うということで治ります。

手術後もやはりギプスで固定します。
完治しても再断裂の恐れが2か月間あります。
普通に通常通りあるけるようになるには最低2か月かかります。
個人差はありますが。アキレス健断裂にはリハビリはかかせません。
ですが痛みがある場合には無理にはリハビリはしません。

 

痛くても我慢してリハビリをするという風習が意外にあるのですがゆっくりリハビリしていくことが大切です。
また痛みは危険信号ですので痛みがあるときは動かないようにしましょう。
痛みがある場合は医療機関ではホットパットという温めますが自宅などではお湯で温めた座布団のようなものでまたリハビリはゆっくり気長におこないます。

 

足首の関節周りを十分に引き延ばすことが必要になります。
回数としては1日に1〜2回、1動作を5〜10秒くらいかけて10回程度、関節を動かします。

 

次は関節の近い部位はしっかり固定します。
そして健康な部分から徐々に動かしましょう。最もリハビリを行うことで大切なことは医師の支持にしっかりしたがてください。

 

症状の様子をみながらリハビリの支持をしてくれますので医師のいうことはしっかり聞きましょう。
またいがいにお風呂の湯船につかることは最適のリハビリです。
関節も暖まりますのでお風呂を入る際は湯船につかりましょう。

アキレス腱断裂関連エントリー

パーキンソン病
パーキンソン病は近年良くみみにするようになってきました。パーキンソン病の原因はドーパミンが不足することで発症するようです、パーキンソン病のリハビリは日頃の生活の中で意識して日々過ごすことがリハビリになっています。 -----
変形性膝関節症
変形性膝関節症はリハビリで回復が可能です。 変形性膝関節症の症状は早期治療しリハビリが完治への近道です。
嚥下障害
嚥下障害とは食事をする時に食べ物を飲み込む動作が上手くいかなくなることです。