食物アレルギー検査

食物アレルギー検査

食物アレルギーとは、特定の食物を食べる、または飲むことによってアレルギーが発生する免疫反応のことを言います。
食品や患者さんのアレルギーの度合いにもよりますが、アナフィラキシーショックを発症してしまうと生命に関わることもあります。
有名な食物としては、そば、サバ、小麦などがあげられますが、年齢によっても食物アレルギーの発症する食品が異なってきます。

 

年齢によってのアレルギー

0歳から3歳くらいまでの乳幼児は鶏卵、乳製品、小麦、魚卵などが原因で、4歳から6歳くらいまでの幼少期には甲殻類、果実、ピーナツなどが加わります。
そして7歳以上の未成年ではソバが加わり、甲殻類の発症率が高まります。
20歳以上の成人では魚などが加わり、鶏卵や乳製品などが原因のアレルギーは殆ど発症しなくなります。
年齢を経ていく段階で症状が軽くなったり、もしくは治癒してしまうものもありますが、逆に大人になって「今まで発症しなかった食品」でも発症する可能性があるということです。

また、食物アレルギーが発症した時の症状はいくつかのタイプに分かれます。
  1. じんましん、痒い、顔が赤くなる、顔が腫れる、などの「皮膚」に現れる症状。
  2. 口が腫れる、眼が赤くなるなどの「粘膜」に洗われる症状。
  3. せき、喘鳴、呼吸困難などの「呼吸器」系に現れる症状。
  4. 嘔吐、腹痛、下痢などの「消化器」に現れる症状。
  5. 低血圧、意識障害(アナフィラキシーショック)などの「全身」に洗われる症状。

以上の5つに分類されます。
もし、少しでも同じ食品によって、毎回かゆみや湿疹などが皮膚に出るようであれば直ぐに病院で診察してもらうことが大切です。
その際、必ずアレルギー専門のお医者さんがいる病院で診察を受けることをオススメします。
そして日を改めてでも良いですので、必ず他の食品のアレルギー検査も受けてください。

 

1つでも発症する場合は、他にも食物アレルギーを発症する食物がある可能性が高いからです。
食物アレルギーの検査は主に、血液検査かパッチテストという皮膚の検査で行われます。

 

パッチテストは全てのテストを終了するまでに何度か通院しなければならず、時間はかかってしまいますが血液検査よりも正確だと言われています。
パッチテストの方法としては、食品ごとに含まれるアレルゲン要素を皮膚に1滴たらし、出血しない程度の傷をつけ、その上からパッチをします。
そのまま15分?20分放置し、アレルギーの発症具合を確認するというものです。
非常に簡単な検査ですし、アレルギーを発症してからでは大変ですので、少しでも疑いのある場合は是非、検査を受けましょう。

食物アレルギー検査関連エントリー

食物アレルギー 症状
食物アレルギーの症状も多種多様にありますが自分のアレルギーを知っておくことが大事です、食物アレルギーの症状がでたら塗るクリームなど対策を しっかりとしておきましょう。
犬アレルギー 症状
犬のアレルギーの症状としては皮膚炎が多いとされています。
ホホバオイル アトピー
ホホバオイルはアトピーに効果があります。口コミで広がったホホバオイルですので効果は信憑性があります。
金属アレルギーの症状
金属アレルギーの症状は実際には金属から出たイオンが原因だと言われています。ネックレスやピアスなどでお肌に湿疹などの症状が出てしまいますね。 -----
猫アレルギーの症状
猫アレルギーの症状は猫に触れると腫れたり、くしゃみが出たりします。猫アレルギーのほうが犬アレルギーの人より多いとされています。 -----
ソバアレルギーの症状
ソバアレルギーの症状としては食べてからすぐにでもショック反応などがでます。