金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状

アレルギーには動物アレルギーから食品アレルギー、ものによるアレルギーなど数え切れないほどのアレルギーが存在します。
その中でも今回は金属アレルギーについて紹介したいと思います。
金属アレルギーは金属にふれたり身に着けたりしたときに発症します。
ですが実際は金属から溶出たイオンが原因といわれています。
イオンが直接ふれている部分がかぶれたり湿疹を起こしたりします。

 

そのほかにも唾液を介して径口的に血液の中に溶け込み体内へ運ばれていきます。
皮膚や粘膜のタンパク質と金属のイオンが融合し、体が本来もっていないタイプのタンパク質を生み出します。
その新しくできたタンパク質に対して免疫細胞が過剰に反応したときにアレルギー反応は起こります。

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状は喘息やアトピー性皮膚炎、即時型アレルギーと違い、遅延型アレルギーといわれています。
遅延型アレルギーの症状は接触性皮膚炎粘膜炎と呼ばれている症状があります。
接触性皮膚炎粘膜炎は金属が直接ふれる部分が炎症するといった症状です。

 

接触性皮膚炎粘膜炎は舌や唇、歯茎などが赤くなったりただれたりします。
また痛みやかゆみも伴います。また合併症で口内びらん、歯肉炎、舌炎、舌痛症などもあります。

 

続いてみられる症状は全身性接触皮膚炎とよばれ直接金属が触れたところではなくはじめに紹介したように血液の中でイオンが溶け出し新しくタンパク質が作られる為の細胞の過敏反応での湿疹やかぶれることをいいます。
短時間で赤い斑点が出現しまた短時間でなくなります。

 

金属アレルギーの対処

もともとアレルギーでない人もそういった症状がみられたときは医師に相談しましょう。
子供のころは全くなくても大人になってアレルギーを発症するといった人は数多くいます。

 

けして安心してはいけません。金属アレルギーの予防ではアレルギーの原因である金属の使用をなくすといった方法しかありません。
もし金属アレルギーだと判断された場合の治療方法は福腎皮質ホルモン外用剤を処方されることが多く一般的です。
一度金属アレルギーになると生涯なおることはあまりありません。
アレルギーも早期発見がかぎです。

 

ほっておけばどんどん悪化します。症状の中では最悪にいたるケースもあります。
そうならないようにアレルギーの知識を覚え早期発見につながるようにしましょう。

金属アレルギーの症状関連エントリー

食物アレルギー 症状
食物アレルギーの症状も多種多様にありますが自分のアレルギーを知っておくことが大事です、食物アレルギーの症状がでたら塗るクリームなど対策を しっかりとしておきましょう。
犬アレルギー 症状
犬のアレルギーの症状としては皮膚炎が多いとされています。
ホホバオイル アトピー
ホホバオイルはアトピーに効果があります。口コミで広がったホホバオイルですので効果は信憑性があります。
猫アレルギーの症状
猫アレルギーの症状は猫に触れると腫れたり、くしゃみが出たりします。猫アレルギーのほうが犬アレルギーの人より多いとされています。 -----
ソバアレルギーの症状
ソバアレルギーの症状としては食べてからすぐにでもショック反応などがでます。
食物アレルギー検査
食物アレルギー検査は血液検査やパッチテストで行われます。同じ食品で毎回アレルギーが出るようならば病院で食物アレルギー検査を受けましょう。